東京ドームシティ TeNQ(テンキュー)を見て回るのに必要な所要時間

7月のオープン以来、東京ドームシティの新しい目玉スポットとして好評のTeNQですが、遊びに行くのにどれくらいの所要時間がかかるのでしょうか。

そんな疑問を解決していきたいと思います。

TeNQ(テンキュー)を観覧するのに必要な時間はどれくらいか

はじまりの部屋と、シアター宙で30分ほどかかります。この時点で、入場前の待ち時間も含めると約40分~1時間程度かかることになります。そこから先は、自分の足で見てまわる展示になりますので、それぞれのペースで見学することができるのですが、イマジネーションエリアでどこまでイベントに参加するかによって時間が変わってくると思います。

混雑状況にもよりますが、合計1時間半~3時間程度見ておけば焦ることなく楽しむことが可能だと思います。チケットに書いてある30分の入館時間は、あくまで入館する時間のタイミング。最大で30分のズレをもって、新規が入場してくるため1箇所の観覧場所が混雑するということはめったにありません。イベントの数が非常に多く、期間限定開催のものもあるので何度訪れてもその都度違った楽しみ方ができるのも、TeNQの魅力といえます。

tenq12

所要時間が約30分のミッションラリーとはどんなものか

ミッションラリーとは、TeNQをより楽しむことのできるオリジナルの謎解きゲームのことです。

tenq13

上記画像にあるガチャガチャを回すと、用紙とペンが入っています。用紙の内容に沿って、展示エリアに隠された問題を解き明かしながら進んでいくと、展示内容をより理解することができ宇宙への興味がさらに湧いてくるようにできています。決して子どもじみたものではなく、大人であっても展示を右往左往しながら考えていくタイプの問題です。ヒントをもらうこともできますので、ぜひ最後の部屋(展示空間)まで挑戦してくださいね。解くのには、早くて30分、それ以上なら平均しても1時間はかかるようなので時間のある方は挑戦をオススメいたします。

ミッションをクリアした人だけにご褒美のお楽しみも待っているようです。これは参加しなくてはなりませんね。

料金:300円(用紙・ペン含)/所要時間:約30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい人気記事

オススメ関連記事

ページ上部へ戻る